質屋を利用するには、担保となる品物があることが前提ですが、品物って何でも良いのでしょうか?基本的には、何でも預けることができると思ってもらって大丈夫です。

しかし、質屋はただ品物を預かってもらう場所ではなく、品物の価値と同等のお金を融資してもらう場所。

つまり、ある程度の金額になる品物でなければ、あなたにとってメリットはありません。

また、質屋にもよりますが、あまりにお金にならないものは断られるケースもあります。

一般的に、質屋で預かってくれるものと言えば、ブランド物の財布やバッグ、高級時計、金プラチナなどの貴金属、ダイヤやサファイアなどの宝石です。

これらの物であれば、ほぼ間違いなく預かってくれるでしょう。

カメラや電化製品、バイクや自動車、絵画や古書なども預かってくれる質屋もあります。

幅広いジャンルを扱う質屋であれば、ゴルフ用品や楽器、電動工具などもOKのところも。

また、壊れているものやノーブランドのものだと預かってくれないのでは?と思う人も多いですが、あまり心配しなくても大丈夫。

素材に価値があるものであれば、十分に預かってくれる可能性はあります。

質屋では、預かった品物を実際に利用できるかどうかよりも、その品物の価値がどれぐらいか、を重視して査定します。

査定方法と査定額は質屋によって異なります。

担保になりそうな品物があるのであれば、まずは質屋に持って行ってみてください。

思った以上に高額融資を受けることができるかもしれません。