質屋に品物を預けている状態で、借りたお金だけでなく、利息も払うことができなくなったらどうなるのでしょうか?万一、返済不能となった場合は「質流れ」となります。

質流れとは、預けた品物の所有権が質屋に渡ってしまうことで、あなたは品物に関する権利は一切失ってしまいます。

返済不能でなくても、期限を忘れてしまって連絡もしなければ、自動的に質流れとなるので注意です。

一度質流れとなった品物は、基本的に取り返すことは不可能。

品物は、質屋の店頭に商品として並ぶか、もしくは質流れバーゲンやオークションに出されます。

質屋の店頭に並べられている場合は、商品代を払うことで購入することができますが、もともとの返済額よりも高くなっているため、大切な物なのであれば、期限に遅れないよう注意し、万一期限内に返済できない場合には期間延長しましょう。

ただ、質流れになると、融資してもらったお金を返す必要も、利息を払う必要も一切なくなります。

なので、返済のメドがつかず、預けているものがどうしても必要なものでないのであれば、期間延長するよりも質流れを選択した方が賢明です。

実際には、返済義務がなくなることから、質流れを希望する人も多くいます。

ただ、そもそも品物を取り戻すつもりがないのであれば、質屋よりも買取を利用した方が良いでしょう。

最近では、質屋と買取の両方を行っているところも増えています。

そのときどきに合わせてうまく使い分けましょう。